漏水|凍結による漏水を防ぎましょう【藤岡市リフォーム】

昨日は水道管の劣化による漏水の修繕工事をご紹介しましたが、これから寒くなる季節に気を付けなければならないのが、凍結による漏水です。

寒い地域では凍結防止装置が設置されていることが多いですが、藤岡市では一般的にそのような装置の設置はされていません。

それは凍結することが少ないからなのですが、何年に一度の大雪だったり、強い寒波が流れ込んだりと、凍結の危険にさらされることは皆無ではありません。

実際に昨シーズンは冷え込みが厳しい日が多く、凍結による漏水のお問い合わせを何件もいただきました。

そこで本日は、凍結を防止する方法をご紹介します。

①給水管や蛇口に、布切れや毛布、あるいは専用の保温材を巻き、濡れないように上からビニールテープを隙間なく巻きます。

②メーターボックス内に、ビニール袋などに発砲スチロールや布切れを入れて保温材として詰めておきます。

③その他、水道管の中の水を動かすことで凍結を防止する効果がありますので、どこか1か所の蛇口からチョロチョロと少量の水を出しておきます。また、ご家庭で全自動洗濯機をご使用になっている場合には、冷え込む時間に洗濯予約をされると、凍結を予防し節電にもつながり効果的です。

 

★もしも凍結して水道管が破裂したりひび割れてしまったら・・・

止水栓を閉めて、破裂・ヒビ割れした箇所に布かテープをしっかりと巻き付け応急処置をしてから、藤岡市の方でしたら藤岡市指定給水装置工事事業者である弊社まで修理依頼をしてください。