本当は全部を新しくしたいけど・・・|部分リフォームで快適さをUP!|キッチン編【藤岡市リフォーム】

藤岡市のお客様と話していると、古くなったキッチンやお風呂を新しくしたいけど、子供たちも家を出てしまって戻ってくる予定もないし、自分たちもこの先どのくらいここで生活できるかわからないからそんなにお金をかけるのもね・・・という声を良く聞きます。

特に水まわりは使いやすいものを入れると、ストレスが減り快適さがぐっと増すのですが、リフォームにかかる金額も大きくなる場所です。

ご予算もありますので、全部を新しくするのが難しい時におすすめしたいのが、部分的なリフォームです。

例えば、ガステーブルの交換をするとしたら?

家族が多い場合は利用するお鍋も大きくコンロの上でも場所を取るものですが、例えばお子様が自立して家を出て、夫婦二人での暮らしになったときにキッチンをちょっと変えたいなと思ったらお勧めしたいのが上の画像の3口コンロです。

普通の3口コンロは手前に二つバーナーがあって、奥に一つある形状ですが、実際に奥にある小さなコンロはあまり出番がないというご家庭がほとんどです。

この3口コンロは3つが横並びになっているので、大きなお鍋を使うわけでなければ、一度に3つを楽に利用することが出来ます。

さらに奥にコンロが無い分奥行きが必要なくなるので、コンロの前後にスペースがあり、調理器具を置いたり配膳などに利用することができます。

蛇口を交換するだけでも食器洗いが楽になったり、節水できたりします。

この部分がきれいになるだけでもキッチン作業が楽しくなりそうですね。

簡単な工事で済む場合が多いので、シャワータイプや浄水器がついたタイプにしたり、お好みの蛇口に交換してみるのもおすすめです。

高いところにある戸棚に入っているものを取り出すのが大変、、、という人も多いですね。

写真のような、高いところに収納できて、使うときには取り出しやすい高さに下ろせるタイプの吊戸棚に変えると、効率よく収納を利用することが出来ます。

高いところに入れっぱなしで賞味期限が切れてしまったりせずに、よく使うものを収納して日常的に利用できます。

お掃除しにくかったり、お掃除してもなかなかきれいにならなくなってしまった換気扇を交換するのも、キッチンでのストレスをぐっと減らすことが出来ます。

今は換気のパワーも強く、お掃除がしやすいタイプのものががいろいろ出ています。

 

ご自分が使っていてどこが使いにくいのか、どこにストレスを感じるのかを具体的に書き出すなどしてみて、どこに一番問題を感じているのかを明確にすると、どんなリフォームが自分に合っているのかが見えてきます。