既存の外構をリフォーム|駐車場、カーポート、芝生他【高崎市エクステリア】

20190514-IMG_0818

既存の駐車場で、土間コンクリートの間にあった砂利が飛び出るので何とかしたいということで工事をさせていただいた施工例をご紹介します。

藤岡市のお隣の新町にお住まいで、弊社でお送りしたダイレクトメールを見てお問合せくださったお客様です。

 

上の左の画像がもともとの駐車場でした。コンクリートの間に敷いた砂利が飛び出してしまうのが気になっていたということでしたので、砂利を撤去し、インターロッキングブロックを敷く工事をしました。

小さいお子様がいらっしゃるので、雨の日も車からの乗り降りが楽なようにと2台用カーポートを設置。

自転車置き場は、将来車も入れられるよう1台用カーポートを付けました。

 

お庭部分には芝生を張り、境界塀の周りは花壇様に砂利を敷き庭木を植えました。

これから青々とした芝生の上でお子様に遊んでいただけるようになります。

隣地との境界にあるブロック塀が老朽化していたので、折半工事で境界塀をブロック積とフェンスで新しくしました。

高めだったブロック塀をフェンスにしたことにより、敷地内からの出入りする際の見通しが良くなりました。

全体的には冬にさせていただいた工事だったのですが、お施主様のご希望により暖かくなってから芝張りをしてすべての工事が完成となりました。