Skip to content

長田 浩幸

Hiroyuki Osada

“自分が携わることで
人に誇れる仕事を”

osada_for_mobile
Q. 営業部の仕事内容を教えてください。

総合建設業の強みを生かした幅広い提案を

総合建設業としてお客様の建物に携わり、地域に携わる事です。
総合建設業とは、専門的なサービスである大工・塗装・電気・左官・造園屋・サイン・クロス・ガラスなどなどをまとめて取り扱っています。
新築で建物を造るだけでなくメンテナンスも行っておりますので扱う幅も広く、お客様の幅も広くなります。
具体的に言えば、商業施設、工業施設、福祉施設などに、建物内部や外部の改修、新築・建替えのご提案を行います。
既存のお客様への対応が多いのですが、最近ですと電解水による衛生機器などをフロント商材として、それをフックに新規営業をかけていくといったことも行なっています。
また、企業だけではなく、個人のお客様からお家のリフォームやお庭のエクステリアなどのお問い合わせが増えております。
実は、介護福祉用具のレンタル販売も行っており、そこから建設の仕事に繋がる事も多々あります。
Q. 販売方法はどのような方法がありますか?

インバウンドだが攻めの営業を!

訪問の他には、チラシ・ホームページからお問い合わせが入ってくることが多いです。
また、地域の方々をお呼びして、ワークショップや相談会を開く「ひろけんひろば」を開催したり、小学生を対象に木工クラフトを開催したりと、アウトバンドだけでなくインバウンドでの営業活動も多いです。
この辺りは、これをやりたい!といったアイデアを出しPDCAを回すと、けっこう企画が通りやすいと思います。
Q. 営業部に入ると、どんな仕事をしますか?

商材がたくさんあるので、どんなお客様にも対応できる

 既存顧客の対応が基本ですが、ゆくゆくは法人顧客の新規開拓もお願いしたいです。
商材がたくさんあるので、どんなお客様にも対応できるところが弊社の強みです。
また、イベントのチラシや、折り込みチラシのデザインやホームページのコンテンツを考えるのも我々の仕事です。
これは会社のブランディングにもつながる大切な仕事です。
事業内容を売り込むというよりは、こんな人が働いていますというような、人を売るようにしています。その点から、自己成長は必須ですね。

また、仕事の内容ではないですが、弊社は社内イベントが多い会社です。
新年会、お花見、ひろけんひろば、暑気払い、スポーツ大会、マラソン大会、ゴルフコンペ、報告会、木工クラフト、、、などなど(笑)
それらを楽しめる方がいいかもしれません。

Q. この仕事のやりがいはなんですか?

自分がそこに携わったと、人に誇れる建物を

ご提案から依頼を受けて、建物がだんだんとできてきて、実際に完成した時にはとても達成感があります。
建物なのでそこに残りますし、自分が携わったという事はとても誇れる部分です。
お客様との出会いから信頼関係を作っていくのは、難しいけどやりがいを感じます。

また、点になっているお客さん同士が、線で結ばれていく感覚はとても面白いところです。私たちを通してお客さん同士が出会い、別の新しい何かが生まれていく化学反応は非常にエキサイティングです。

Q. 求める人材像はどういった人材でしょうか?

スポンジみたいな吸収力がある人が欲しい!

 スポンジみたいな吸収力がある人が欲しいです。
あとは明るい方!
自分も全くの異業種からの転職で、建設とは無関係でしたが、人と触れるのが好きで、自分のアイデアをお客さんに話すと喜んでくれるといったことがあり、どんどん勉強できました。
お客さんのご要望を形にし、それが後世まで残っていく仕事です。お客さんのへ興味を持ち、お客さんの立場になって考えるというとことが一番大切かなと思っています。
osada2

長田 浩幸

Hiroyuki Osada

取締役営業部長。
常に周りの人を気遣いながら、笑顔でその懐に飛び込んでいきます。
細やかな事前準備や迅速な対応は、今までの知識と経験を生かした賜物。
毎日課題を持って挑戦し続けているパワフル営業マンです。
家に帰ると子煩悩なパパで、お子さんにはメロメロです。
趣味は筋トレ。