Skip to content

ご要望

既に外構がほとんど仕上がっていましたが、
「玄関前のアプローチ部分のみ手つかずのままなのでどうにかしたい」
とのことでした。

2点のご要望から、建物や元の外構との雰囲気を見ながら提案させていただきました。

①道路からの目隠しも多少意識した提案をしてほしい

②既存花壇が土のままで植栽も適当に植えてあるだけなので芝にしたい

Before / After

【Before】

【After】

施工内容

アプローチ

アプローチ部分は面積が限られている場所だったので、デザイン性より材料と色味にこだわりました。

材料は天然木柄のコンクリート平板でナチュラルなものにしました。

アプローチはエスビック アクシア・ランバーをセレクト。

色はアンバーで、オレンジ感のある明るい色なので、建物やデッキとも馴染んでいます。

隣地側にもフェンスがあればとのご相談が出たので、既存のデッキやアプローチに合うタイプの樹脂フェンスを提案し追加工事となりました。

フェンスはエコモックフェンス 横貼り ブラウンをセレクト。

エコモックフェンスは木材とプラスチック廃材を複合リサイクルした素材でできているので、環境にも配慮されています。

天然木よりも、腐りにくい・色あせしにくい・塗装不要などの特徴があります。

ソヨゴ

道路からの目隠し方法も色々ありますが、既存の植栽を活用しました。

追加で、和室の小窓の前にも植栽を使って目隠ししたいとご要望を受けました。

狭い場所であること、お手入れが楽であることを考慮して、成長が緩やかなソヨゴをお勧めしました。

~ソヨゴ情報~

シンボルツリーとして長く人気を博するソヨゴ🌳

名前の由来:
風で葉がそよぐ様子から。

特徴:
・耐陰性、耐寒性に優れている
・果実は落ちるが、硬いため掃除がカンタン
・和風でも洋風でも合う

花言葉:
「先見の明」
何事かが起こる前にそれを見抜く、見通す力のこと。

大きさ:
樹高は3~6m程度。
枝を横に大きく広げるようなこともなく、自然樹形で整う。

害虫被害:
比較的病害虫の被害が少ない庭木。
特に毛虫がつきにくいということで有名。

水やり:
植え付けてから根付くまでは表土が乾いたら水やりをする。
根付いてからは降雨に任せる。

剪定:
風通しが良くなるように2月に剪定を行う。
大きくなり過ぎた枝や不要な枝を取り除く。

ナチュラルな雰囲気でまとまりました🌱

完成して・・

もともと外構はほぼ完成しているお宅だったので、不自由のないように見えてましたが、アプローチを完成させその他の追加工事をした事により、より一層住宅と外構の一体感がでました!

工事概要

工事名 藤岡市Y様邸外構工事
ご発注者 Y 様
工事場所 群馬県藤岡市
工事内容 外構工事(アプローチ・芝貼り・植栽・目隠しフェンス・砂利敷き)
竣工 2021年