Skip to content
6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

紫外線は5月~9月にかけてが特に強くなる季節です。

気にすることが多いのはシミやしわ、たるみなどへの影響ですが、実は皮膚だけでなく目にも影響があることがわかっています。

紫外線によるトラブルが増えるこの時期、紫外線から目を守る予防策もしっかり行いましょう。

795972f663fdf799d28d827dd4097c5d_s

通常、紫外線の多くは眼球の外側を覆う角膜で吸収されますが、一部は水晶体や網膜にまで達します。こうして、蓄積されたダメージが眼病を引き起こしたり、目の老化を促進するといわれています。

◆目の日焼けが原因で起こる症状
・目が充血する
・まぶしい
・異物感がある
・涙が止まらない
・目が乾燥する

◆紫外線が引き起こす目の病気
<光誘発角膜炎>
強い紫外線が角膜の上皮細胞に壊死を起こし、目の痛みや充血、異物感などの症状が現れます。

<翼状片(よくじょうへん)>
白目部分の結膜の一部が異常増殖するものです。乱視や視力低下を引き起こし、進行すると手術で除去しなければならなくなります。

<瞼裂班(けつれつはん)>
紫外線の影響で白目の一部がシミのように黄色く濁って、盛り上がる症状を引き起こすことがあります。進行すると充血やドライアイの原因となる疾患です。

<白内障>
水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。加齢や喫煙などの原因の他に、紫外線による影響も考えられます。

<加齢黄班変性症>
網膜の中央の黄班部が障害されるために、視野の中心部分が暗く見えにくくなる病気です。黄班部の老化現象が主な原因と考えられていますが、テレビやパソコンによる光刺激や紫外線なども原因のひとつと考えられています。

0067916f91930b5f4f474cfd665051e7_s

曇りの日でも太陽が出ている間は紫外線にさらされているため、常に紫外線対策を行う必要があります。

●サングラスを携帯する
レンズの色で判断するのではなく、UVカット加工されているものを選びましょう。色が濃いだけのものは、目の瞳孔が広がり、多くの紫外線を受け止めてしまうため、逆効果になります。

●日傘や帽子を携帯する
UVカット加工されているものを選びましょう。また、地面から10%程度の照り返しを受けているため、傘の内側部分は黒いタイプがおすすめです。

●日陰を歩くようにする
日なたに比べて半分近い紫外線を防ぐことができます。

●目のケアをする
強い日差しを浴びたり、目を酷使した後には目を冷やしたり、目薬などでケアをしましょう。

●目に栄養を与える
ビタミンA、ビタミンCやビタミンEを積極的に取りましょう。
子どもは紫外線に対する感受性が高く、子どもの頃に大量に浴びることで、年齢を重ねた後に目の疾患を発症する可能性が高まるともいわれています。子どもの頃から紫外線から目を守る対策をしっかり行うことが大切です。