本当は全部を新しくしたいけど・・・|部分リフォームで快適さをUP!|浴室・脱衣室編【藤岡市リフォーム】

藤岡市のお客様と話していると、古くなったキッチンやお風呂を新しくしたいけど、子供たちも家を出てしまって戻ってくる予定もないし、自分たちもこの先どのくらいここで生活できるかわからないからそんなにお金をかけるのもね・・・という声をよく聞きます。

特に水まわりは使いやすいものを入れると、ストレスが減り快適さがぐっと増すのですが、リフォームにかかる金額も大きくなる場所です。

ご予算もありますので、全部を新しくするのが難しい時におすすめしたいのが、部分的なリフォームです。

ユニットバスの場合、例えば、汚れが落ちなくなってしまったドアや鏡、換気扇を新しいものに変えるだけでも浴室が気持ち良い空間になります。

今までと同じタイプのドア、同じ大きさの鏡ということになりますが、場合によってはカバー工法といってもともとあるドア枠の上から新しいドア枠を付ける方法もあります。

換気扇は浴室暖房乾燥機にすることもできます。

浴槽は、浴槽が床と一体型ではなく置き型のもの出来たら同じサイズであれば交換ができます。

タイルの浴室の場合は、ひび割れの補修や、タイルの張り替えができます。

その他に写真のように、目地のコーキングをきれいにするのも選択肢の一つです。

落ちない汚れが付きやすいところなので、この部分をきれいにすると浴室が少し明るくなります。

参考⇒浴室やキッチンの目地を塗り替えてリフレッシュ!

 

ただし、タイルの浴室で気を付けなければいけないのは、経年劣化によるひび割れで水が染み込んでしまっていたり、その当時の防水工事が今と違い十分でないために、漏水や内部結露によって土台や柱が腐っていることが少なくないことです。

実際に弊社で工事した浴室で、解体してみたら土台が腐っていたというお住まいがありました。

参考⇒家の中に潜む隠れた危険|古い浴室は要注意

そのような症状は、浴室だけでなく家全体にも影響が出かねないものですので、古い住宅にお住まいで、タイルの浴室をご利用であればユニットバスの導入も念頭に考えてみるのをおすすめします。

ユニットバスですと手すりも取り付けられますし、ヒートショックを予防する浴室暖房もつけることができ、浴室での事故防止にもつながります。