築45年のキッチンリフォーム|前編【藤岡市リフォーム】

20190410-解体前 (5)

弊社で45年前に建築させていただいた、藤岡市の住宅のキッチンリフォームをご紹介します。

今まで修繕は知り合いの大工さんに依頼していたそうなのですが、その大工さんが引退されたのでと、弊社にお問い合わせがありました。

せり出しの部分からの雨漏り、キッチンの老朽化によってキッチン全体のリフォームを検討されているのと、基礎のヒビが心配の為補強できるかという内容でした。

 

基礎補強については、完全に補強となると築40年の住宅では大規模な改修となるため、打合せを進める中で、研究熱心なお施主様もいろいろ調べて参加してくださり土間コンクリートを打って補強する 事になりました。

 

せり出し部分は解体して床全体の貼り直し、キッチン交換、壁クロスの張替えをする事になりました。

上の写真は解体後の床下部分と、壁の養生の様子です。

 

解体後、土間コンクリートと壁の取付けをします。

この土間コンクリート工事にはお施主さまにも参加していただきました。

 

後編へ続きます。

 

1 Comment

  1. […] もとの床と壁を撤去し、土間コンクリートを入れるところまでを前半でご紹介しました。 […]