古民家をイメージしたリフォーム②【藤岡市リフォーム】

廊下 完成サムネ

前回に引き続き、古民家風な落ち着きのある家にリフォームしたいという、藤岡市にお住いのお客様からのご依頼の、廊下部分の工事例をご紹介します。

明るさの確保と使いやすさを考え、既存の壁を扉に変え、扉だったところを壁に変える工事もしました。

廊下は無垢の板を使い、ダークブラウンの腰板と白い壁で古民家の雰囲気を出しています。

この無垢の板がこれから使い込むうちに飴色へと変化していくのが楽しみですとおっしゃっていました。

この板は無垢ですが、表面にコーティング加工がしてあるため、汚れが染み込みにくく掃除もしやすいと気に入っていただけました。

また、ちょっとしたキズでしたら、濡れ布巾をかぶせておけばキズが盛り上がり目立たなく修復できるのもこの無垢の板の良さです。