古民家をイメージしたリフォーム①【藤岡市リフォーム】

玄関 完成

古民家風な落ち着きのある家にリフォームしたいという、藤岡市にお住いのお客様からのご依頼の工事例をご紹介します。

この工事は家全体の大規模リフォームでしたので、アパートをご紹介させていただき、工事期間をそちらでお過ごしいただきました。

大規模工事になりますと、工事期間が長くなるうえ、工事の音やホコリ、プライバシーなど工事中にお客様のストレスになる部分が大きいため、住みながらの工事はおすすめしにくいのです。

古民家風というキーワードをもとに、お施主様と何度も打ち合わせをさせていただきました。

外観に関しては、外壁にガルバリウム鋼板というものを採用し、サッシはシャッター付きのペアガラスに交換、屋根瓦を修繕し、破風板や軒天を塗装、樋を交換しました。

外壁に断熱材を入れ、サッシをペアガラスにすることで断熱性能がアップし、防音性も上がりました。

お客さまから、夏涼しく冬暖かことと、何より部屋が明るくなったと喜んでいただけました。

玄関では中に段差があって使いにくかったため、玄関とポーチにコンクリートを打ち足し段差を解消。安全に楽に移動ができるようにしました。

 

 

上はリフォーム前の外観です。

リフォームで古民家の重厚な雰囲気のある外観に仕上がりました。