漏水|修理の費用負担のお話【藤岡リフォーム】

劣化による漏水と、凍結による漏水についてご紹介してきました。

漏水は、目に見えて水が噴き出していればわかりやすいのですが、多くの場合は自治体の水道検針時に指摘されて気が付くことが多く、実際に市からのお知らせを見て弊社に漏水のお問い合わせをいただくケースがほとんどです。

どこから漏水しているのか実際に訪問して調べてみないとわからないのですが、その漏水箇所によって、市が修理費用を負担するのか、自己負担となるのかが変わります。

キーワードは「メーター器」です。メーター器より 道路側で漏水している場合、 市の費用負担となります。

その際の注意事項として施工前に 市が現地の調査確認を行っている必要が あります。

メーター器から内側での漏水は所有者の費用負担となります。

また、漏水の修理後、所定の書類を市に提出することで、漏水量によっては水道料がいくらか戻ることがありますので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

万が一に役立つ情報として お知らせいたしました。